So-net無料ブログ作成
検索選択

マイケル・クライトン氏死去 [ニュース]

@.jpg

マイケル・クライトン氏死去

「ジュラシック・パーク」の原作で知られるマイケル・クライトン氏が亡くなった。
”テクノスリラーの巨匠”と呼ばれたクライトン氏、もう新作が出ないのかと思うと残念。

氏の著作には、映画化されたものが多い。
「ロスト・ワールド」のように原作を冒涜したクソみたいな映画もあるけど、「スフィア」は面白かった。



原作の雰囲気が良く映像化されてて、SF的空想力と恐怖心がツンツン刺激される。その手の映画が好きなひとにはオススメ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

duznamak

死んでしまったのか。そこまで思い入れのある作家ってわけじゃないけど、やっぱ残念だな。小道具への異様なこだわり方は、好きだったなぁ(『アンドロメダ病原菌』の報告書とか、<ジュラシック・パーク>シリーズのDNAの塩基配列とか)。SF的空想をあたかもリアルなものであるかのように見せかけてしまう技術は一級品だったよな。

『ジュラシック・パーク』は小学生のころ読んだんだが、あれはなかなか強烈な読書体験だった。特に、ヴェロキラプトルを主要悪役に持ってきた配役センスは、子供心にすげぇと思った。
by duznamak (2008-11-14 04:22) 

はっとり

>SF的空想をあたかもリアルなものであるかのように見せかけてしまう技術

ぼくも中学・高校のころ、フィクションと実在の理論の区別がつかなくて戸惑ったものだよ(今もあまりついてないけど)。結局、だいたいは事実として受け取っていたな…。やっぱり詳しく述べられてるから説得力があるんやろうな。きっと執筆の前に膨大なリサーチがあるんやろうね。

そして、思えば大学で工学を志したのにも、マイケル・クライトン作品の影響が少なからずあった気がするなあ。
by はっとり (2008-11-20 23:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。